年に一度の逢瀬。

77日の七夕の夜、おりひめ様とひこぼし様は待ちに待った「再会」という願いをかなえます。

人々は「二人のように、願い事がかないますように」と、短冊に色々な願い事を書いて、笹や竹の葉に飾るようになりました。

 

そこで、神村学園では夏休み前最後のイベントとして、七夕飾りを1年生中心に作りました。

生徒たちが楽しそうに折り紙で作った飾りと様々な願いを込められた短冊が、笹の葉いっぱいに飾られていました(*^^*)✧˖°

 

○○大学合格しますように! 身長がほしい! 消費税率が上がりませんように。。。何てお願いを書いている生徒も(笑)

 

少し前まで無気力だった子たちが、今はいろんな想いや夢を描いて登校してきています。

いつでもだれでもまた夢を持つことはできるんだ、と希望を持つことの再確認をさせてくれます♪

夢も希望もみんな大きく!!